スポンサーリンク

有明北緑道公園で夜景撮影

カメラ

 

 

スポンサーリンク

有明北緑道公園へのアクセス

今回はバイクでなく電車で行ったため駐車場についてはよく分かりません。

お台場海浜公園に駐輪場が有るようですがスペースは広くないようです。(Youtubeに駐輪場までのルート案内の動画がありました)

電車では、新交通ゆりかもめに乗って「お台場海浜公園駅」で降りて徒歩で10分程度です。

有明北緑道公園から東京タワーを狙う

休日の夜でしたが、まばらに釣り人が糸を垂らしている他はあまり人の居ない公園です。

公園は南北(東西?)に細長く道が伸びていて、ところどころベンチが置いてある以外は遊具等もありません。

歩道の横にはUNIQLOの倉庫が立っており、その歩道の最北端まで行くと川を挟んで東京タワーが見渡せます。

このポイントからは、うまい具合に建物の合間から全体像に近い東京タワーを見ることができました。

屋形船が通り過ぎるのを待ってから撮影

時間にもよると思いますが、この辺りは屋形船の往来が頻繁でシャッタースピードを長めにすると船の明りが光跡となって写真に残ってしまいます。今回は光跡狙いでは無いので屋形船の往来の切れ間を狙って撮影しました。

30分ほどの時間のうち屋形船を写真に入れることなく撮影できたのは2~3枚程度でしょうか・・・

露出は普通にカメラに任せると東京タワーが明るくなりすぎてしまいました。

東京タワーに可能な限り露出を合わせ、暗くなってしまった周辺のビルは現像時にLightroomで暗部を持ち上げています。

ちなみレンズは先日の修理から戻ったDFA70-200mmを使いました。

左を見るとレインボーブリッジが見える

東京タワーの撮影が終えた後は、そのままカメラを左に向けレインボーブリッジを狙います。

同じように屋形船の切れ間を狙って撮影していますが、東京タワーの方向よりも屋形船が画面に入ってくることが少ないような気がします。

1か所で東京タワーとレインボーブリッジの2つ狙えます

遊びでHDR撮影をしてみました。

HDR撮影。左に船の光跡が

左の橋脚の下には屋形船の光跡です。やはり気を付けないと直ぐに船が画面に入ってきてしまいます。

 

首都高速も撮ってみる

最後は少し歩道を戻り公園の上を通っている首都高速を画面に入れて撮ってみます。

魚眼レンズなども使ってみたかったですが、今回は24-70mmの標準ズームを使いました。。

もう少し広角に写せれば東京タワーも一緒に入るかもしれません

コメント