スポンサーリンク

香港HDR

写真を撮りに行ってきた

知らないうちに盗聴されちゃうんじゃ?と思って敬遠してたのですが、忘年会の景品で貰ったので使ってみました。スマートスピーカーのAmazonエコー

Amazonのプライム会員なので、プライムビデオ、ミュージック、Firestickと連携して非常に楽しいです。

「アレクサ、音楽流して」

「アレクサ、ウォーキングデット再生して」

寝る前にはラジコでオールナイトニッポンを再生しつつ、

「アレクサ、30分後にストップ」

なんて事も出来るので少し近未来っぽいです。

使う前は敬遠してましたが、使い始めると手放せなくなりそうです。

スポンサーリンク

AuroraHDRでの写真作成

暗い写真、普通の写真、明るめの写真を撮って、それぞれの良いところを集めて1枚の写真にしましょうって感じしょうか?難しい言葉でダイナミックレンジなんて言いますけど、そんな事を知らなくてもHDR写真は作れます。カメラの標準機能でもHDR写真モードが付いていることもありますね。

私の使用するPENTAX K-1にもHDR機能はついていますが、今回はHDR作成専用ソフトであるAuroraHDRを購入しました。AuroraHDRの凄いところは難しい操作要らずに様々なHDR写真を綺麗に作ってくれることです。

合成の設定は選ぶだけ

連射で複数枚の写真を撮っても、通行人も動いているので、まったく同じ写真を撮ることはできません。こうした画像を合成するとゴーストと呼ばれる残像が発生しますが、こうした補正も「ゴースト軽減」にチェックを入れるだけです。自分で範囲を指定したりする必要がないので初心者にも簡単です。

写真を選び、ゴースト軽減などのオプションを選ぶだけでHDR写真が完成です。最後にプリセットと呼ばれる仕上げを選んで自分好みにします。

合成後にプリセットを選び自分好みの写真にします

プリセットは様々なものが用意されています。
コレクションボタンを押すと分類分けされたプリセットが表示され、この分類の下に数種類のプリセットが並びます。私はArtisticというプリセットが好みで、いかにもHDRという写真が作れます。

分類分けされたプリセット

Artisticからプリセット「Aged」を選んでます

ここからさらにLightroomに呼び込んで画像を追い込んでいくこともできますが、自分なりには結構お腹いっぱいで右下の署名を入れるぐらいで済ませてます。

香港HDRだ!

香港旅行がすごく良かった!というのは前回の投稿でしたが、実は、行く前から今回の旅行ではHDRを撮るぞ!と心に決めていました。

重い三脚を常に持ち歩いて撮ってきましたので、拙い写真ですが少し披露したいと。

 

やはり香港と言えば電飾看板。
夜も賑わう旺角です。夜もだいぶ遅い時間でしたが多くの人が歩いていました。

人が歩いていますがAuroraHDRでゴーストが綺麗に処理されてます

次に2枚目
ジョーダン駅近辺の下町だったと・・・記憶が怪しいですが。。
SEXSHOPなどというムフフな看板もあり、映画で見るような怪しげな雰囲気がでていませんかね?

怪しげな香港の街角

最後に三枚目
有名なお化けマンションですね。立ち入り禁止という情報もありましたが、私が行ったときは張り紙もなく、記念写真に興じる観光客がいっぱいいました。

魚眼レンズを持ってきた甲斐があったというもの

Blogを書いていて、また、香港に行きたいという気持ちが強くなってきました。
なんとか安くいけないものでしょうか・・・

Amazon Music Unlimited

最後におまけ

AuroraHDRでは1枚の写真から疑似的にHDRを作成することも可能ですので試してみました。
やはり他の3枚の写真から作ったものと比べると少し弱い感じがしますね。

1枚の写真からHDR

 

写真を撮りに行ってきた 未分類
スポンサーリンク
スポンサーリンク
camerabikeをフォローする
スポンサーリンク
Camera to motorcycle

コメント